糖質制限で朝食

糖質制限で朝食

 

糖質制限をはじめよう!はじめているという方に一番の疑問は朝食は食べてもいいの?でも何を食べればいいの?ということではないでしょうか?

 

では、早速糖質制限のときの朝食について詳しく見ていきましょう。

 

糖質制限中の朝食は食べる?食べない?

結論からいえば、糖質制限中であっても朝食は食べるのが望ましいです。
というのも、朝食には、睡眠中に低下した体温を上昇させたり、エネルギー切れの体にエネルギーを送ったり、体のホルモンなどの分泌を促進し、生体リズムを整えるといった健康的なメリットが豊富にあるからです。

 

また朝食をとらずに仕事や運動などをすることにより、筋肉が落ちるためダイエットの阻害になる可能性も高いからです。

 

どんな朝食が良い?

糖質制限中の朝食には賛否両論があり、決まった答えというものはありません。
糖質となる主食をとらないほうがいいという考え方から朝食は好きに食べるといった考え方までいろいろなケースがあります。

 

ただ、糖質制限でダイエットを目指している場合は、目的は糖質の量を減らすことにより脂肪を減らすことにあるため、血糖値の上昇が抑えられる低GI食品や高タンパクの食材、野菜・スープなどを中心に組みお合わせていくのがいいかと思います。

 

低GI食品とは血糖値が上がりにくい食品のことで、高GI値の食品と比べ、脂肪に変わりにくい食品です。低GI食品には、玄米やブランパンなどがあります。

 

朝食の定番というと、スクランブルエッグ・ハム・サラダ・パンといったメニューがありますが、パンを低GIのブランパンに切り替えるだけでも良いでしょう。

 

糖質制限というとイメージ的には全部を工夫しなければならないという感じがしますが、実は一品二品を切り替えるだけでも効果は高いのです。

 

食べ過ぎたら吸収を抑えるサプリメントを飲む

とはいっても、毎日の生活が全く同じことはないため日によって食べすぎてしまうということもあります。そうした場合、糖質の吸収を抑えるサプリメントを摂取しておくことで糖質の吸収を抑えることが期待できますのでうまく活用しましょう。

 

関連ページ

糖質制限で食べていいもの
糖質制限で食べていいものについてです。
糖質制限は危険?
糖質制限は危険なのでしょうか?
糖質制限の効果
糖質制限の効果についてです。
糖質制限のおやつ
糖質制限のおやつについてです。